相性の良い

頭皮専用の育毛シャンプーって何?

薄毛に悩む人にとって、抜け毛や育毛はとても敏感になってしまいます。
髪がたくさん抜けると精神的にへこんでしまいますし、育毛剤も効果があるのかなと不安に思う人もいます。
薄毛を実感しはじめた人が、真っ先に行う対策というと育毛剤の購入です。

育毛剤は直接育毛に必要な成分が含まれているため、頭皮に与えることですぐに効果がるのではと思ってしまいます。
しかし、育毛剤の効果は頭皮の環境によって大きく左右されます。
薄毛に悩む人は何かしら頭皮がダメージを受けていたり、トラブルを抱えている人が多いです。

炎症を起こしている場合などは、場合によっては育毛時が使用できないこともあります。
なのでまずは頭皮の環境をしっかり整えることが優先です。
そのために一番有効的なものが育毛シャンプーです。

育毛シャンプーは天然成分を使用したり、アミノ酸系の洗浄力を使用しています。
髪の主成分がアミノ酸でできているため、アミノ酸系の育毛シャンプーは髪に優しいといえます。
それに比べて一般的なシャンプーは、石油系の界面活性剤などが使用されています。

そのほかにもアルコールなども含まれているので、強い洗浄力があります。
洗浄力が強ければ、頭皮の汚れも取れていいのではと思いがちです。
しかし洗浄力が強すぎるため、必要な皮脂まですべて洗い流してしまいます。

皮脂が無いと感じると男性ホルモンを分泌し、皮脂をより分泌させます。
それが繰り返されると、頭皮に過剰な皮脂が分泌され、べとついた頭皮になって毛穴をふさいでいきます。
そうすると髪の成長が思うようにいかず、最終的は途中で抜けてしまいます。

それだけでなく一般的なシャンプーに、泡立ちの良さや髪をサラサラにしたり保湿する成分が豊富に含まれています。
これらがしっかり洗い流せず、頭皮に付着してしまうこともあります。
育毛シャンプーは、頭皮に必要な皮脂をしっかり残しながら、汚れは洗浄していくので健康的な頭皮を保つことができます。
育毛シャンプーのタイプは3種類なので自分に合った種類を使いましょう。

頭皮のことだけを考えて作られているので、余分な成分は含まれていません。
なので最初使用したときには髪がバサついたり、きしむといった感触を持つ人が多いです。
それは頭皮のことをし重視して、頭皮にやさしい成分を使用しているからこそ起きてしまう現象です。
頭皮の環境を整えることは、頭皮のトラブルを解決するだけでなく、髪が育ちやすい環境を作り上げ薄毛対策に有効的だといえます。

このページの先頭へ