相性の良い

育毛シャンプーって医薬品なの?

私たちが普段から購入する健康関連商品には、医薬品と医薬部外品があります。
医薬品とは病気の治療や予防に使用される薬で、医療用医薬品があります。
これは医師の診察を受けて、その診断結果によって処方された薬のことを指します。

これらの薬は医師で無ければ処方されず、即効性や効果が強いということが分かっています。
また医薬品には一般用医薬品もあります。
これは医師の診断や処方箋がなくても薬局やドラックストアなどでも購入することができます。

ただし条件として必ず薬剤師のいる店舗でなければ購入できません。
そのため、普段からお店のカウンター越しなど手の届かないところに置かれている商品がほとんどです。
それよりも購入の制限が行われていないのが、医薬部外品です。

化粧品と医薬品の中間に当たる分類で、これを摂取することで何かしらの体質改善は期待できます。
予防や症状の改善が多く、ビタミン剤や整腸薬やうがい薬などが当てはまります。
このように薬といっても分類があり、購入の経路によって種類が異なります。

ここ数年身近になってきた育毛シャンプーは医薬品に当たるのでしょうか。
育毛シャンプーは、ここ数年需要も高まりいろんなメーカーの商品が販売されています。
各メーカーのHPを見てみると商品の細かい説明が書かれていて、育毛への効果がかかれています。

なので医薬品なのではと思いがちです。
しかし育毛シャンプーは、化粧品扱いもしくは医薬部外品として販売されています。
なので医師や薬剤師らを通さなくても購入することができます。

育毛シャンプーはドラックストアなどでも手に取ることができる場所で販売されています。
また販売規制がないので、通販やネットなどでも購入することができます。
薄毛が気になっているけど、人に相談してから購入するのは恥ずかしいという人もいます。

そんな人には人の目を気にすることなく購入できるというメリットがあります。
育毛シャンプーの中でも医薬部外品は、医薬部外品製造販売業許可書を持っている事業者でなければ、販売することができません。
また医薬部外品を製造する場所においても許可が必要になります。

そして商品が完成し、出荷するまでの保管場所似も許可が必要になります。
いろんな許可を得るためには、厚生労働省が示している規則を守らなくてはいけません。
医薬部外品は厚生労働省の厳しい審査の元で作られた商品だといえます。
より高い効果が期待できる可能性が高いです。

育毛シャンプーとセットで使うと良いとされている育毛剤も医薬部外品になります。
医薬部外品の育毛剤を使用するメリットや、男性用と女性用の育毛剤に含まれている成分のちがい、プラスすると育毛効果がアップできる方法などがこちらのサイトでは紹介されています。
まずは、シャンプーで頭皮環境を整えていくことから始め、それから自分に合ったタイプの育毛剤を使い始めてください。
多くの男性の薄毛の原因は男性ホルモンの異常分泌のようです。
この 男性ホルモンを抑える成分が入っている育毛剤や、ノコギリヤシ配合の育毛剤、飲むタイプの育毛剤が世の男性陣から人気のようです。

このページの先頭へ