相性の良い

育毛シャンプーと育毛剤の違いは?

薄毛に悩む人が増えている中、薄毛対策の商品がたくさん増えてきています。
いまでは男性だけの悩みではなく、女性でも薄毛に悩む人が増えています。
男性と女性では薄毛の原因となる場合も多く、男女兼用のものや男性専用、女性専用の育毛シャンプーもあります。

薄毛といったら育毛剤や育毛シャンプーが代表的なものです。
多くの人が育毛剤をまず使用する人が多いです。
薄毛の人は、髪が生えてくることを何よりも望んでいます。

なので髪の発達に有効的な成分が含まれている育毛剤を選びがちです。
たしかに育毛剤の一番の特徴は、頭皮に直接有効成分をあたえることで、育毛に必要な栄養素を送り届けることができるということです。
それ以外にも血行を促進させたり、頭皮の炎症を防ぐ働きがあります。

なので直接育毛に効果が期待できる成分が豊富に含まれているという特徴があります。
それに対して育毛シャンプーは、頭皮の環境を整えるという効果があります。
薄毛に悩んでいる人の8割以上の人が頭皮に何かしらのトラブルを抱えています。

例えば、脂っぽい頭皮、フケやかゆみ、湿疹や出来物ができやすい人もいます。
それぞれ症状は異なりますが、頭皮の環境がよくない場合が多いです。
この状態で育毛剤を使用しても、有効成分が十分に吸収しにくいといえます。

まずは豊富な栄養素を吸収しやすい土壌の部分になる頭皮をしっかり整える必要があります。
育毛シャンプーは、頭皮に必要な脂質は残しつつ、余分な皮脂と汚れなどはしっかり落とすという効果が期待できます。
また殺菌効果がるものや毛港促進する効果があるものもあり、頭皮が清潔で柔らかい状態になります。

すると育毛剤などの栄養素をしっかり吸収することにつながります。
人によっては、育毛剤を使用しなくても育毛シャンプーを使用したことで抜け毛が減り髪が丈夫になったと感じる人もいます。
それは頭皮の環境が悪かったのが改善されたことで髪が本来の成長を得ることができたからです。
育毛シャンプーと育毛剤は目的が異なりますが、どちらも育毛にとても効果がる方法だといえます。
育毛シャンプーで頭皮を整えることからまず行うことがお勧めです。

このページの先頭へ