相性の良い

育毛シャンプーと皮脂の関係

育毛シャンプーは、髪や頭皮のケアには欠かせない商品になりつつあります。
昔はあまり店頭などで販売されていませんでしたが、日用品売り場などでも育毛シャンプーがとても増えました。
種類も豊富で選択肢も増えてきました。

それと同時にどのようなものを選んだらいいのか、悩んでしまう人も多いでしょう。
まず薄毛は人によってできてしまう原因が異なります。
中でも一番原因として多いのが、男性型脱毛症です。

別名AGAと呼ばれることが多いです。
この男性型脱毛症の症状の一つに、頭皮皮脂の分泌が関わっています。
頭皮の皮脂の分泌は、常に一定の量を保っていることが理想です。

しかし薄毛に悩む人の多くは、頭皮が脂っぽいと実感している人が多いです。
頭皮の脂が過剰に分泌してしまうと、頭皮の表面や毛根の部分に皮脂がたまってしまいます。
すると外部に汚れが付着しやすくなります。

その汚れが不衛生を招き、かゆみを発生させてしまうことにつながります。
また痒さから頭皮をひっかいてしまい傷になってしまう可能性があります。
このような頭皮のトラブルが、頭皮の環境を悪化させ、薄毛につながってしまいます。

そしてこのような原因を作ってしまう要因の一つにシャンプー選びがあげられます。
一般的なシャンプーには、安価に使用できる洗浄力として界面活性剤が使われてます。
界面活性剤の洗浄力は、頭皮を守るために必要な皮脂までも落としてしまいます。

すると頭皮の皮脂の分泌を活発にさせるように、脳に指令が出てしまいます。
なので頭皮に皮脂がどんどん増えてしまいます。
育毛シャンプーには界面活性剤などの強い洗浄力の成分は使用されていません。

天然の自然由来のものやアミノ系の洗浄成分を使用されています。
これらは、頭皮に必要な脂質を残しながら、頭皮や髪の汚れをしっかりとしてくれます。
なので育毛シャンプーを使用することで、頭皮の環境を整えることができます。
これによって、頭皮に十分な栄養素が生きやすく、髪の成長しやすい環境が整います。
育毛剤を使用している人は、より有効成分の吸収が高まります。

このページの先頭へ