相性の良い

育毛シャンプーはアミノ酸が入っているもの?

育毛シャンプーの需要が高まり、多くの商品が発売されました。
薄毛に悩む芸能人が育毛シャンプーのCMに出るなど、育毛シャンプーの認知度も高まりました。
若い世代でも育毛シャンプーを使用することに抵抗感も無くなってきています。

店頭に販売されている商品数も増え、ネットや通信販売などでも購入することが可能になりました。
通販やネットでの購入は、直接人と関わることなく手に入れることができます。
なので外見を気にして購入をためらっている人でも気軽に購入することができるようになりました。

また価格的にもネットの場合は、店舗を構えていない場合が多いので経費をおさえることができます。
商品によっては価格がやすいものから、返金保証制度があるものなど、サービスが充実しています。
そんな育毛シャンプーの特徴は、普通のシャンプーとは異なる成分を使用しているということです。

シャンプーの役目としては、頭皮や髪の汚れを落とすということです。
その目的は一般的なシャンプーも育毛シャンプーも変わりません。
一般的なシャンプーには、安価で使用できる石油を原料とした界面活性剤を使用していることが多いです。

界面活性剤は洗浄力が強く、頭皮の汚れをしっかり落とすことができます。
しかし頭皮に必要な皮脂までも洗いと落としてしまうため、過剰な皮脂の分泌につながってしまいます。
また成分も頭皮には刺激が強いものなので、頭皮がデリケートな人は、トラブルを抱えてしまう場合が多いです。

それに対して育毛シャンプーは、主な成分がアミノ酸系の洗浄力を使用しています。
アミノ酸の洗浄力の特徴は、よごれをしっかり落としながら頭皮をやさしく洗うことができます。
頭皮に必要な脂質は残すことができるので、頭皮の環境を整えることができます。

アミノ酸は、たんぱく質が分解されて作られています。
そして髪の毛自体もケラチンと呼ばれるアミノ酸をもとに作られています。
なので同じアミノ酸なので相性も良く、髪にダメージを与えることなく洗浄することができます。

アミノ酸系の育毛シャンプーは普通のシャンプーと異なり、洗ったときの泡立ちが少ないのが特徴です。
汚れが取れてないのではと勘違いしがちです。
界面活性剤には、泡立ちをよくする成分が含まれているので、洗ったような気分になりやすいという特徴があります。
育毛シャンプーは髪の成分に似たアミノ酸系の成分を使用することで、髪をやさしく洗いあげる効果があります。
こちらには髪質に合わせた育毛シャンプーの上手な選び方が載っています。
同じ症状で悩んでいる方でも髪質によって効果は違ってきますので、自分の髪質のことも考えた商品選びをしましょう。

このページの先頭へ